興味を引かれたSFドラマ

SFファンの私が今回見つけたのは、FALLING SKIESというエイリアンが侵略してくるというお決まりの、それでいて私の最も興味のそそられる題材をあつかった作品でした。
HGウェルズの宇宙戦争以来、何度となく似たようなパターンのシリーズを見てきましたが、またお決まりのパターンだろうと思いながらも見ずにはいれない、子供じみた感覚のままの私が悪いのかもしれませんが、何時も見てしまうのです。
見た後に思うのはこれも決まって、SFXとVSXの違いもよく分からないのですが、昔とは驚くほど映像がよくなってるとかいうことです。
元々内容より特撮の方に興味の大半がいっていましたので当たり前のことかも知れません。
今回のドラマもそこが一番気になるところでした。
プロローグみたいな前置きがあってドラマが始まるという、いつもの展開とは違う感じがしたのは私だけでしょうか。
いきなり、ドラマの中に連れ込まれた、感じの始まり方でした。
プロローグが短くて、すぐにドラマの中へ放り込まれたみたいな感じでした。
エッ、もうなのと思ったくらいです。
後から考えると、これもよくある出だしのパターンではありましたが。
気になっていたエイリアンの姿ですが、ゴマかしがなくきちんと描かれているように思いましたが、第一話から堂々と出してくるあたりは、もったいぶったところがなくて、好感が持てましたので、続きも見たくなりました。
最近見たSFエイリアンもののドラマの中でも一、二を争うような出来ばえになってるような予感がしています。